So-net無料ブログ作成
検索選択

あの日の想い [日記]

先日、Facebookで
目が釘付けになった文章が載っていました。

その文章は
アメリカ合衆国の人気コメディアン
ジョージ・カーリンさんの
有名なメールだそうです。


長文ですが、こんな内容です。




1458221242346.jpg



ビルは空高くなったが 
人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 
視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 
得る物は少なく
たくさん物を買っているが 
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 
家庭は小さくなり
より便利になったが 
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 
センスはなく
知識は増えたが 
決断することは少ない

専門家は大勢いるが 
問題は増えている
薬も増えたが 
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 
笑うことは少なく
猛スピードで運転し 
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で 
テレビは長く見るが 
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 
愛することは稀であるどころか
憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 
人生を学んではいない
長生きするようになったが 
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが 
より良いことはなしえていない

空気を浄化し  魂を汚し
原子核を分裂させられるが 
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 
待つことは覚えず

計画は増えたが 
成し遂げられていない

たくさん書いているが 
学びはせず
情報を手に入れ 
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが  人格は小さく
利益に没頭し  人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても 
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦でかせいでも 
離婚も増え
家は良くなったが 
家庭は壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円たりともかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り 
その時間を慈しむことを

愛し 話し 
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自分がキャンプを始めたきっかけは
2011年3月に起こった
東日本大震災でした。



当時は仕事に追われ、
深夜までの残業や休日出勤が日常化。

当然、家族と過ごす時間などまったくなく
心のどこかで毎日「悲鳴」を
上げている状況でした。




そんな中での大震災。
何の罪のない多くの人々が犠牲になり、
原発によって自分の故郷を離れ
仮設住宅で過ごさざるをえない状況を見て、
「このままではいけない」と思うと同時に、
電気や便利な物に頼りっぱなしにならない生活を
したいと考えました。


そこでまず手に入れたのが「ランタン」。
震災時の停電で、夜をローソクで
過ごさざるをえなかった反省からでした。


pho-1DSC03397.JPG



今から思えば電池式だったのが
何とも言えませんが、
いざという時に役立つ実用的な
グッズが欲しかったのです。



そんな電池式ランタンから
始まった我が家のアウトドアライフ。


処理済~pho-1DSC00936.jpg



次に、バーナーやポップアップ式テントなどを買い、
屋外でごはんを食べた時の新鮮さにはまり、


処理済~pho-1DSC03820.jpg



夜、ランタンの下で、家族で語り合うことで「絆」を深め、


phoDSC08691 (1).JPG


知らない土地にキャンプに出かける「冒険心」にも
目覚めました。



処理済~pho-1DSC04678.jpg



そしてテレビやパソコン、照明やエアコン、
さらにベッドや風呂がなくても
「生活ができる」という妙な自信もついていくことに。



そんな思いから、
アウトドアが我が家の生活に
どんどん欠かせないものに。


pho-1DSC04151 (1).JPG



そして、これは予想もしていなかったことですが、
キャンプを通じて知り合った方々と
仕事抜きで時間を共有できる喜びは
何ものにも代え互い我が家の財産になっています。



処理済~pho-1DSC02240.jpg




キャンプを初めて5年。



2011年当時の、行き場のない感情というのは、
具現化すると、冒頭の「ジョージ・カーリン」さんの
メールのようなことだったんだと
今回改めて思った次第です。


この先、どんなキャンプ人生が
あるのかなんて分かりませんが、
ジョージ・カーリンさんの文章を忘れず、
そして今、我が家のアウトドアライフを
支えてくださっている方々に
「感謝」の気持ちを持ちながら
細々と続けていければと思いました。













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました