So-net無料ブログ作成

上野沼やすらぎの里(9月11~12日) [上野沼やすらぎの里]

9月10日、11日の1泊で茨城県にある
上野沼やすらぎの里」に
キャンプに行ってきました。

dayDSC04264 (1).JPG


ここは江戸時代に作られた
農業用水の溜池だったそうで、
現在は沼を中心とした公園として
町民などの憩いの場となっています。


訪れた日の最高気温は34℃。

チェックインの正午より少し遅れて
現地に到着。


予約時は電源付の「第2オートキャンプ場」でしたが、
公道に近いのと、「いいな」と思ったサイトが
既に埋まっていたこともあり、
誰もいない第3オートキャンプ場に変更。


ちなみに料金は電源付の
「第2オートキャンプ場」が3,150円。
電源なしの「第1・第3オートキャンプ場」
は2,100円!

気軽にキャンプに出かけるには、
手ごろな料金が魅力です。

dayDSC04266 (1).JPG




この日、木陰が適度にあり、
トイレなどに近い第1オートキャンプ場には
5組程度のキャンパーが既に
テントなどを張ってくつろいでいました。

dayDSC04260 (1).JPG


私たちが選んだ第3オートキャンプ場ですが、
サイトの上を木が覆いかぶさるような所で、
気温が高いこの日はうってこいの環境。

早速、アメニティドームの設営に取り掛かります。

dayDSC04316.JPG


実はこの日、テントを使っての初キャンプでした!

家で張り方の練習をしているのとは、
やはりちがいます。

dayDSC04222 (1).JPG


設営に手こずり、シェルターは張らず
キャノピーをターフ代わりにして設営終了。



dayDSC04254 (1).JPG

当初は小僧とボートで沼遊びとも
考えていたのですが、
予定を変更し周辺散歩へ。


ここには沼の近くにケビンがあり、
ちょっとした避暑地の風情を醸し出していました。


暗くなってきたので、早めの夕食。

この夜はスパゲティーと、
家人が奮発して買った牛肉ステーキ。


ステーキ、楽しみにしていたんですが、
スパゲティーを食べ過ぎてお腹いっぱい。
ステーキが口に入りません(笑)

何をしているんでしょうかね…一体。


食後はこれまた初めての「焚火」。

隣のサイトが空いているので
誰にも気にせずファイヤー!

炭料理と焚火ができるユニフレームの
「ファイアグリル」は便利です。

dayDSC04291.JPG

小僧はここに着いてから、
ずっと「虫採り」に夢中でした。

焚火など気にも留めず、親としてちょっとがっかりですが
ま~TVゲームなんかやっているよりはましです。


午後9時になると一部を除いて消灯。
辺り一面が闇に包まれる中、
サイトを覆い尽くす林から風吹くたびに
「どんぐり」が大量に落ちてきます

眠くなったのでテントに入り就寝へ。

しかし初めてのテント泊。

甘くはありませんでした。


まず「暑い」。

さらに、どんぐりがテントを直撃して音がうるさい。

そしてケビンから騒がしい声が延々と聞こえてきて

正直、寝れません(笑)

やっと寝れたのは朝の3時過ぎでした。

朝は7時前に起きて朝食。
パンにチーズとハムを載せ、トラメジーノで
ホットサンドを作りました。

dayDSC04296 (1).JPG



食後は前回の教訓を生かし、
早々と撤収作業に取り掛かり
チェックアウト時間の10時を
少し回ってしまいましたが帰路へ。



結局、シャワーも浴びていなかったので、
栃木県芳賀町にある
「道の駅はが」のロマンの湯へ直行し、
体を清めました。