So-net無料ブログ作成

焚火で心も体も [日記]

dayDSC05214 (1).JPG

先週は2度ほど東京へ日帰り出張。

地元・栃木県(私の生活範囲?)では冬の「節電」で、
エレベーターの使用を控えたり、
暖房の設定温度20度を厳守するなど
結構努力しているのですが、
東京では電車やビル、デパートなどの中は
いるだけ「暑い」、いや「暑すぎ」。
ネオンはフル発光!

いくら日本の首都で、経済活動の中心といえど
3月11日の教訓をまったく生かしていないと
思うのは私だけでしょうか?



寒い思いをして毎日過ごしている自分が
馬鹿らしくなってきます。




昨日は、久々にデイキャンプへ。
寒いからとぬくぬくと暖房なんかに
あたっていられません。

自然を見ながらの焚火。

太陽の光と、焚火の炎で心も体も暖まります。

エッグ、カタログ落ち・・・ [テント幕関係]

dayDSC04151.JPG

スノーピークから2012年のカタログが届きました。

今年からキャンプを始め、
ある程度必要なものを
無理して揃えてしまったこともあり、
来年「これ買おう」というものはあまりなし。



気になったのは、
「リビングメッシュエッグ」が
カタログから落ちていたこと。


エッグは今年自分が購入したタープ。

発売から4年位経っているようですが、
自分が手にして1年で
発売が中止されてしまうのは
ちょっとさびしいものです。


人気があまりなかったとは聞きますが、
裏をかえせば来年からは販売されないのですから
貴重なものを買った」と思えば
一層愛着が湧いてきます。


今後、数多く張ってあげたいものです。



風の中のタープの撤収 [テント幕関係]

0068.jpg

ずーっとタープが欲しいと思っていて、
見栄っ張りということもあり
スノーピークスのものか
コールマンの
「ウェザーマスター・ヘキサタープⅡ」を
ねらっていました。



ところが先週、近所のオフハウスに行ってみたら
使われた形跡のないと思われるコールマンの
ヘキサライトⅡ」を発見。

値段は7,350円(カタログの定価は10,710円)。



ウェザーマスターという初心を貫き、
買わずに帰ろうかとも思いましたが、
性格的に我慢できるはずもなく、手に取り
レジにならんでしまいました。




本日、川辺の公園で試し張り。
設営自体は10分もかからず出来ました。

その後、しばらく昼食をのんびりと楽しんでいたら、
突然強風の連続。


慣れないことで「危険」を感じ、
撤収体制に入ったのですが、
タープが風で煽られ飛ばされそう。

必死にタープの上に四つん這いになり、
抑え込みながら何とか撤収した次第です。


ほとんど誰もいない原っぱで、
大の「おとな」が四つん這いに
なってもがいている姿を、
他の人が見たら「あの人、頭がおかしいのでは」と思うでしょう、
きっと・・・。


風の日の対応を考えないと、
怖くて二度と張れません(笑)。




我が家初のスクリーンタープ [テント幕関係]

dayDSC05048 (1).JPG


キャンプに行くと、設営時間に手間取り、
子どもと一緒に遊んだり、
くつろぎながら自然を
楽しむ時間が案外ありません。


写真は先月、デイキャンプに行った時のもの。
サイトにたたずむのはコールマンの
クイックセットサンスクリーン300」。

キャンプをはじめて間もない頃、
テントやタープを張る自信がなく
コールマンのパンフレットの中から
設営簡単」の文字を目にして購入した

人生初のスクリーンタープ。

1回使った後、スノピのエッグを買ってからは
部屋で眠ったままでしたが、
久々に引っ張り出して張ってみたら
「設営簡単」を改めて実感しました。


ケースから出して立ち上げるのに5分
ペグ打ちなど入れて10分以内で完了です(撤収も)。

強風や雨の日はさすがに
心もとない気はしますが、
このお気軽さと3メートル四方の広さは
なかなかのものです。

作りも結構しっかりしていますし・・・。



もし最初に本格的なテントやタープを買っていたら、
一生購入することはなかった代物。
幸い手にしてよかったと今更ながら思えた一品でした。

他に張っている人をあまり見かけることもないですし、
この色も遠くから見ると目立つので、
今後はどんどん持ち出したいと思っています。


※追記(2013年9月)

 その後、雨の日に1泊したところ、風に弱いことを知り、
 よそ様に嫁いで行ってしまいました。