So-net無料ブログ作成

【番外編】あこがれのマーティン [楽器・音楽]

まったくアウトドアとは関係のない話ですが。。。。


先月、東京に行った際に、
ふらりと寄った銀座の山野楽器。

4階の楽器コーナーに
久々に行ってみると

あるわ、あるわ。。。。
地元じゃ目にすることがない楽器が!!!


昔、その昔、バンドをやっていた頃は
楽器店に頻繁に足を運んでいたのですが、
子どもが生まれ、さらにキャンプにはまってからは
すっかりご無沙汰に。。。。



しかし、やはり今でも
ギターを見ると胸がときめきます(笑)


フロアで最初に目に飛び込んできたのは
エリック・クラプトンの活躍により、
それまで以上に有名になった「マーティン」。


子どもの頃から憧れ続けてきたギター。
今でも高嶺の花です。



各グレードが揃ったマーチンを
弾き比べ出来るお店など、地元にはないので、
思い切って弾かせてもらいました。


000-28EC、000-28、D-28、DH-28、D-18 and More。。。


弾いてみて、それぞれ美しい響きで感激したのですが、
音やネックの握りがそれぞれ想像以上に
異なることに驚きました。


自分が所有している
ギブソンのハミングバードとも
まったく異なる音と弾き心地。


あまり「マーティン」についての知識もないので、
店員さんとあれや質問する中で、
ふと目に入ってきたギターが・・・。



pho-11459668179538.JPG



「あれも弾かせてもらっていいですか?」

ショーケースから取り出されたそのギター。
店員さんが何気にぽろり~ん、と弾いた瞬間。。。。


何なんだ~!!!
この気持ちのいい音は~???


その前に試奏したマーティンを凌駕する、
とても繊細で心地よい響きです。


心おどらせながら試奏してみると、
ボディ全体が振動しながら
低音から高音まで、
一本一本の弦の音が混じることなく
かつ調和しながら奏でられていきます。


もうこの時点で心の中は「即購入」へ(笑)


電話の向こうで吠える家人の声を
右から左へ流し、
結局ギターを抱えて電車に乗って帰ってきました(爆)


Martin HD-28V



処理済~pho-11459657041910.jpg



毎晩、これを弾くために、
明日やれる仕事は明日にまわし、
強者どもからの酒の席を断り、
一刻でも早く帰宅している今日この頃です。