So-net無料ブログ作成
検索選択
Outside Base ブログトップ

outside BASE その4(8月2~6日) [Outside Base]

「Outside Base」の最終回。
その4です。


翌朝は雨も止んで、曇り空。

phoDSC00550 (1).JPG

前夜の大雨で滝のように流れていた
雨水はどこに行ってしまったのか???
キャンプ場の水はけがいいのか、
水たまりさえ見当たりません…。

phoDSC00561 (1).JPG


しかしタープ内はびしゃびしゃ
翌日の撤収が思いやられます。やれやれ。。。


キャンプ4日目は「観光モード」。
昨年、激雨で訪れることが出来なかった
旧軽井沢銀座』に行ってきました。

phoDSC00623.JPG


まずは「ミカドコーヒー」のモカソフトを堪能。

phoDSC00589.JPG

並んで買った甲斐があります。やはり美味!
コーヒーの苦みと、牛乳のやさしい味わいが
ほどよく調和しています。
※レンズが湿気で曇ってソフトフィルターのように(笑)


phoDSC00613.JPG

さて次は有名なパン屋さん「浅野屋」で
翌日の朝食用にパンをしこたま購入。


凄い種類のパンが販売されていて、
あれもこれも食べたくなります。


お土産用に「中山のジャム」で
ブルーベリージャムをGET。

phoDSC00619 (1).jpg

これももはや定番商品ですね。



晴れ間の出てきた旧軽井沢銀座をあとにし、
キャンプ場に戻ります。


田中ケンさんがいたので、今年も一緒に記念写真。

phoDSC00628.jpg

来年からモデルとして本格的に復活するとのこと。
挑戦する人生、カッコいいです!


昨年は著書にサインを頂きましたが、
今年は小僧のイスに書いてもらいました。

phoDSC00639.JPG


撤収日前日の夜は、手間暇をかけたくないと
同キャンプ場おすすめの「BBQセット」をオーダーしました。

phoDSC00631 (1).JPG

・オージー・ビーフ
・浅間山麓産ポーク
・青森県産チキン
・ソーセージ
・焼き野菜
・軽井沢の新鮮野菜のサラダ
・ライス
そしてキャストアイロングリル&炭付きで
2名分、3,500円。

phoDSC00633.JPG

昨年来た時もオーダーしましたが、
厳選した肉や野菜ということもあり
キャンプ最後の晩餐としては申し分ない味。
今年も堪能しました!


キャンプ5日目の朝。
嫌な予感が的中し、小雨の中での撤収。

phoDSC00657 (1).JPG

当然、テント等は乾くはずもなくルーフキャリアに
放り込み後日乾燥させることに。
改めて思いますが、つくづくルーフキャリアを付けて
よかったと思いました。


キャンプの締めは横川サービスエリア名物の
峠の釜めし本舗「おぎのや」の釜めし

phoDSC05866.JPG

それにしても横川辺りですでにムンムンの気候
出発する際、北軽井沢での気温は21度でしたが、
この日の栃木県は32度とのことで、その差約10度
下界に戻るのが嫌になりました(笑)



phoDSC00488.JPG


やはり北軽井沢、この時期過ごすには最高。
また来年も機会があれば、訪れたいと考えています。

※今回、4泊して18泊になりました。
  目標である20泊まであと2泊!

outside BASE その3(8月2~6日) [Outside Base]

「Outside Base」の続編、その3です。

前日の騒がしい夜の翌朝。
完全な寝不足のまま起床です。

午前6時39分の気温は17.2度。

phoDSC00442.JPG

そして湿度は毎朝計測不能(笑)どれだけ湿度が高いんだか・・・。


朝から手作りの遊具で遊ぶ子どもたち。

phoDSC00444.jpg

子どもは朝から元気です~!



日曜日の朝ということもあり、結構な
数のテントが張られています。

phoDSC00448.JPG


かなり涼しいので蚊さえもいませんが、
カミキリムシとミヤマクワガタのメスをGET!

phoDSC00556.jpg

小僧も満足そう。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。


キャンプ3日目は「のんびりと過ごす」と
決めていたので、午前中だらだらとし
お昼にキャンプ場近くの「浅間とり牧場」へ。

phoDSC00464.JPG

地鶏を使ったから揚げ定食、親子丼、そして
焼き鳥をオーダー。

phoDSC00471.JPG

phoDSC00473.JPG

かなり噛みごたえがあり、ジューシーで
とても美味しかったです。



次に「ベーコン」という店舗名のベーコン屋さんへ。

phoDSC00481.JPG

ガイドブックで気になったお店で、
地元産の豚を使った数種類のベーコンが売られていました。
ここの謳い文句は「生でも食べられる」です。
試しに夕食用に購入してみました。

次は翌朝用にパン屋さんへ。
その名も「森のパンやさん」。

phoDSC00484.JPG

キャンプ場に戻りトウモロコシやジャガイモなどを
ダッジで蒸しておやつ代わりに。

phoDSC00514.JPG



夜は生ベーコンを醤油+わさびで堪能。

phoDSC00530.JPG

旨いのなんの!!!

店名にずばりベーコンと自信満々で付けるだけの
ことはありました。
久しぶりにご飯をお代わり。
これは大ヒット!

北軽井沢のお土産におススメです!


夕食後はまったりと焚火。

phoDSC00540.JPG

いい感じに木々は燃えて上がったと思ったら、
突然の大雨が…。

山に向かって下段にサイトを設けたこともあり、
水が上段から勢いよく流れてきて、エッグ内は
ビショビショに。

phoDSC00541.JPG

慌ててエッグの周りにシャベルで溝を掘り、
雨水を別方向に流すようにしました。

山の天気は不安定。
予報をこまめにチエックしていたにもかかわらず、
まったく予測できませんでした。


その4につづく
(長くてすみません…)


outside BASE ~番外編~(8月2~6日) [Outside Base]

「Outside Base」の番外編です。


前々回のレポ時の締めくくりに書いた、
「最低の思いをすることになりました(怒)」の続きです。


キャンプ2日目は土曜日。
当然、多くのキャンパーがキャンプ場に集います。

我がサイトに隣接するようにテントを
設置していたのが若い男女それぞれ2人づつ。

夕方4時頃から音楽をかけながら、
べちゃくちゃと大きな声で話し始めました。

phoDSC00425.JPG


この時点で「う~ん(大丈夫かな???)」と
少し不安を感じてはいたのですが、
その後酒と恋話が進むにつれ不安は的中
ガ━(゚Д゚;)━ン


大声はさらにひどくなり、足元をふらつかせながら
女性がトイレに行くたびに、やはり酔っぱらった
男が千鳥足で追いかけていくような展開。

それも我が家のテントとタープの間を平気で
ズカズカと何度も通り過ぎていきます(怒)


phoDSC00430.JPG


ムカムカしながらも「ま~午後10時頃には静まるだろう」
などと耐えていたのですが、ここからさらに
エスカレート!!!!


1人が誕生日だったらしく大声で「Happy Birthday to you」を
歌い出すは、女性を口説き始めるは、指定された場所以外で
禁止されている花火を我がテントのそばで始めるは。


こんなことが夜中まで続き、極めつけは女性同士で
口論になり二人で大声で泣き出す始末。

(最`д´)悪


そんなことが夜中の2時頃まで続き、
ムカムカしながら夜が明け、
結局この夜一睡もできないことに。
(家人も同様)


何度「怒鳴ってやろうか」と思いましたが、
逆恨みで家人や小僧に被害が及ぶのも「嫌だな」と考え
つい我慢…。ストレスだけが溜まります。


多少の騒ぎはこれまでにも経験しているので、
ある程度は理解出来ますが、
皆が一緒に過ごすキャンプ場。
当然、一定のルールの中で楽しむべきであり、
ルールを超えた行為は慎むのが当然です。


彼らは何の嫌な思いもせず「楽しかった」で終わりですが、
週末の1泊を家族水入らずで楽しく過ごしたいと訪れた
多くのキャンパーは「嫌な思い」を心に刻んだまま
帰路に着かれたのではないでしょうか。


最近は「フェス」流行りで、若いグループを中心にテント泊を
楽しんでいて、個人的に「アウトドアを楽しむのはいいことだ」等と
思っていましたが、音楽中心である「フェスキャンプ」と
自然を楽しむ「キャンプ」は別物。

まして、酒を飲んでバカ騒ぎし、女性を口説くならば、
「居酒屋やホテルでも行け」と言いたいです。

皆さんならどう考えますか???

※未だに怒りが収まらず、こんな駄文になってしました。


その3につづく



outside BASE その2(8月2~6日) [Outside Base]

「Outside Base」の続編です。

phoDSC00342.JPG

2日目の朝は午前5時前に起床。
キャンプの時は普段に比べ一層
早く起きてしまいます。

phoDSC00321.JPG

気温14度、湿度は計測不可能(笑)

清々しい空気の中、場内を散歩してみました。

phoDSC00332.JPG



まずは管理棟。

phoDSC00446.JPG

アメリカの都市郊外にあるような建物が「」。

phoDSC00341.JPG


反対方向に回るとカヌーが置いてあったり
バーカウンター(左下)があります。

このカウンターで、同キャンプ場のオーナーで
モデルとしても活躍する「田中ケン」さん自らが
料理をして提供していました。


こちらが管理棟に隣接しているお風呂。

phoDSC00339.JPG


温泉で内風呂、露天風呂が併設されています。
ウィークエンドは芋煮状態ですが、
平日はゆったりと風呂につかれ、ちょっと
得した気分に。



お風呂の前に置いてあったトレーラーです。

phoDSC00340.JPG

ケンさんに聞いたところ

「軽いのでハーレーでも牽引できて便利。
 いざとなれば手でも押せる」

とのこと。


ブラックボディとレトロな佇まいが
かっこよく、興味を持った自分が怖い(笑)

来年はこいつを引いてここに来ているかも
しれません…。




散歩を終え、

phoDSC00357.JPG

朝の腹ごしらえを済ませた後は
お楽しみのアウトレット
「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」へ。


お目当てはここ↓

phoDSC00369.JPG


昨年はGIコットを格安で購入しましたが、
今年もまた大きなものを一つ買ってしまいました!
後日詳細をアップしたいと思います。



プラザ内を歩いていると見覚えのある
ハンモックが・・・・・。

phoDSC00378.JPG

私が使っている「the Hammock」の展示会が
開催されていました。
スタッフの一人はWILD-1小山店も
担当してるそうで、そんな話をきっかけに
ハンモック談義にしばし花を咲かせました。
こういうのも旅行の醍醐味です。


早々とアウトレットを後にしてキャンプ場へ。

気温は21.7度、湿度68%。
とても過ごしやすい天気で、ムシムシする
下界にはとても戻る気にはなりません(笑)


phoDSC00421.JPG

気分を良くしながらベーコン入りラタトゥイユ
を作り、ケンさんが焼いたステーキを食べながら
2日目が終了と思いきや、この日の夜、
最低の思いをすることになりました(怒)


phoDSC00430.JPG



その3につづく


outside BASE その1(8月2~6日) [Outside Base]

8月2日から夏休みを取り、
4泊でキャンプに行ってきました。


訪れたのは北軽井沢にある「Outside Base」。
昨年同時期に行って以来2度目となります。


遠出ということもあり、出発前夜に気合を
入れてキャンプ道具をクルマに積載。

我が家には珍しく10時には家を出発し、
北軽井沢には12時40分に到着。
3時間弱で到着することが出来ました。


まずは、お気に入りのそば処「みのり」で昼食です。

phoDSC00249.JPG

栃木県内でもおいしい蕎麦屋が多数ありますが、
ここも負けず劣らず旨いお店。
みずみずしいそばとスッキリした味のタレが絶妙
なのです。

※残念ながらそばの写真がありませんでした。


そばを堪能した後は隣接する「浅間牧場」で、
クワガタを購入。

phoDSC00252.JPG

虫好きの小僧はクワガタ、カブトムシが捕れると
思って来ていますが、北軽は涼しすぎてあまり
それらの虫がいないことを昨年経験し、
小僧の不満を軽減すべく先手を打ちました(笑)

あまりこういうものを購入するというのは
いいとは思っていませんが、やもなしです…。




Outsideに到着。

phoDSC00261.JPG

午後2時にチェックインです。


さてテント等の設営。

phoDSC00262.JPG

前回はコールマンの2ルームを張りましたが、
今回は予期せぬゲリラ豪雨に備え、風・雨に
強い「エッグ」と「アメド」のコンビを、
炊事場・トイレに最も近い、比較的平らな
スペースに張ることにしました。




午後5時の段階で気温23度、湿度65%。

phoDSC00271.JPG

風も少しあり「涼しい」を通り越して
少し寒い」感じ。
おかげで設営中も汗をあまりかきません。



楽しみにしていたハンモック。
今回は本来の形である木と木の間に縛り付けて、
設置することが出来ました。

phoDSC00287.JPG

設営を終えてゆっくり仮眠でもしようと思ったら、
小僧がハンモックを独占。

phoDSC00291.JPG


『またおまえか~』


いつのまにか小僧の遊び道具になっていました(泣)



やもなく夜食の準備に取り掛かります。

phoDSC00295.JPG

今夜の食事はダッチで「トマトスープ」。
そしてご飯と定番の「タイカレー(缶詰)」です。


先月のキャンプでも作ったトマトスープでしたが、
我が家風にアレンジしたところなかなかの味に。

phoDSC00303 (1).JPG

カレーの辛さとトマトスープのマイルドさが微妙に
調和しており、今後我が家の定番メニューの一つに
加えたいと思います(自画自賛で恐縮です…)。


食後は子どもの大好きな「花火」。

処理済~phoDSC00309.jpg

75本があっというまに燃えつきます。
辺りでも多くの子どもたちが花火をしています。
やはり夏は花火ですね。



太陽もすっかり落ち、あたりは暗闇に。
ただでさえ涼しいのに、かなり寒くなり、
初日はお開き。

phoDSC00312 (1).JPG

午後10時には就寝しました。

その2につづく



outside BASE その3(8月4~8日) [Outside Base]

outside BASEの後半編。
3日分ということで、
少し長文になります。

3日目。

この日は天気が午後から
悪くなるとの予報だったので、
早めにサイトを出発して
「白糸の滝」と「軽井沢銀座」を
訪れることにしました。

phoDSC06375 (1).JPG

その前に朝食です。

地元の食材を生かした炒め物。
高原ということもあり野菜が美味しい!
特にオリーブオイルと合う
ズッキー二が気に入りました。

観光に出発する前に、
「TVの収録があり東京に戻る」という
ケンさんと家族で記念写真。

phoDSC06378-1.JPG

とても気さくな方で、
気軽に話をさせていただきました。



白糸の滝を見学後に
軽井沢銀座へ向かう途中、
すさまじい雨に遭遇。

急きょ(確信犯?)、
「軽井沢プリンス・ショッピングプラザ」
に進路を変更です。

phoDSC_0262 (1).JPG


実はここにコールマンや
ノースフェイスがあり、
滞在期間中、家人に内緒で
行こうと思っていた場所。

行ったら最後、

手ぶらで帰るつもりはありません(笑)

コールマンの「GIコットⅣ」を持ち帰ってきました。


旧軽井沢銀座の訪問の目的だった
ミカドコーヒーの「モカソフト」。

phoDSC_0265 (1).JPG

アウトレットに隣接してお店があり、
食べることができました。

激ウマです、これ

並んで買う価値が
あるかもしれません。


アイスを堪能し駐車場に戻る途中で、
偶然お会いしたのがkanohanaさんご家族

以前、地元のキャンプ場で
ご一緒したのですが、
まさか軽井沢で再開するとは・・・。

出会いとは分かりませんね。


この日の夜は「花火」。

キャンプ場内には花火が
出来るスペースがあり
子どもたちが楽しそうに遊んでいます。

phoDSC06392 (1).JPG


翌日(4日目)は「浅間牧場」を観光。

素晴らしい見晴らしです。
浅間山をはじめ、
遠くの景色まで一望できました。

phoDSC06453 (1).JPG


この日は天気もよく、
適度な風もあり最高のコンディション。

家人は翌日の帰宅を控え、
灼熱地獄に戻りたくない」を連呼(笑)

さらに「来夏もまた来たい」と、
よほどこの地が気に入った様子でした。


phoDSC06478.JPG

最後の夜はちょっと贅沢して、
outside自慢のBBQセットをオーダー。

・オージー・ビーフ 150g
・浅間山麓産ポーク 160g
・青森県産チキン 285g
・ソーセージ(2種類)4本
・軽井沢の新鮮野菜のサラダ
・ライス

が炭火グリル付でサイトに
運ばれてくるので焼くだけです。

料金は2人分3,500円。
家族3人でホテルに宿泊し、
食事をすることを考えると安いもの。




撤収日。

チェックアウトの時間は午後1時なので、
比較的のんびりと片づけ。

phoDSC06424.JPG

初めて4日間同じ場所で
キャンプしましたが、
ゆっくり出来ていいものですね。

退職したら、夫婦で1週間、
いや1カ月とか連続滞在するのが
今のささやかな「夢」というところでしょうか。




outside BASE その2(8月4~8日) [Outside Base]

outside BASEの2日目。

寒くて目が覚め朝5時半に起床し、
朝食まで場内を散歩。

phoDSC06266 (1).JPG


こちらは管理棟方向から
キャビンエリアを見た景色。
手前に見える白い建物は
炊事場で、奥のブルーの
建物は新しい炊事場・トイレです。


phoDSC06270 (1).JPG

場内の案内看板。

アメリカンテイスト
マッチしています。

phoDSC06271.JPG


薪は1かご500円。
かなりの本数を入れてもらえます。

しかし、場内至る所に枝や木が落ちているので、
あえて買う必要はないかもしれません。


phoDSC06293 (1).JPG


こちらはフリーサイト(ドックラン手前)から
管理棟方向を見た景色。

場内の雰囲気が、一番伝わるかもしれません。


phoDSC06260 (1).JPG


木々に囲まれたサイトに、
朝日が差し込んでくると、
草木が輝き、鳥がさえずり、
生命の力を感じます。


この日は特に予定を入れてなかったので、
小僧のために「虫取り」と「水遊び」に
隣接する森を散策。

phoDSC06297.JPG


歩いて15分位の所に小川が流れていて
水遊びができますが、
あまりの冷たさに入ることを断念。

さらに気温が低いので、
虫(蚊さえも)がほとんどいませんでした(笑)


午後は買い出しと、
近くにあるキャンプ場
「北軽井沢スイートグラス」を視察に行きました。


phoDSC06347 (1).JPG

スイートグラスはとても人気があり、
当日も大にぎわい。
沢山のテントが張られていました。

場内もほどよく整備されており、
さらにエンターテインメント性もあり
ファミリー層を中心に人気があるのも
うなずけます。

outsideが「」とするなら、
こちらは「」と正反対の性格で、
面白かったです。

我が家的には「静」が好きですが、
一度は泊まってみたいと思いました。


3日目に続く。


outside BASE その1(8月4~8日) [Outside Base]


一足早い夏休みを取り、
8月4日から4泊で
北軽井沢にキャンプに行ってきました。


今回訪れたのは群馬県長原野町にある
outside BASE」。

オーナーは全盛期の「POPEYE」で活躍したモデルで
現・快適生活研究家の田中ケンさんです。


実は昨年の同時期に、
ここに来る予定だったのですが、
台風で道が封鎖されキャンセルに。

約1年経って、やっと訪れることができました。

8月4日朝10時半に宇都宮を出発。
約3時間半で現地に到着しました。



キャンプ場入口の看板。
何となくオシャレです。

phoDSC06200 (1).JPG



入口看板から約200メートル進むと
左手に管理棟が見えてきました。

phoDSC06333 (1).JPG


到着するとスタッフとケンさんが
明るくお出迎え!
「生」ケンさん、顔の輪郭が
はっきりしていてかっこよかったです。


早速設営に。

場内を見渡すと既に多くのキャンパーが
設営をしていて、
「いいな」という場所は埋まっていました。


phoDSC06259 (1).JPG


このキャンプ場は大部分が傾斜。
張る場所を考えないと、4日間傾いているのを
我慢しながら過ごさなければなりません。

そこで水場やトイレに近い等の
利便性は2の次にし、
比較的平坦な場所を
優先して設営することにしました。


phoDSC06432 (1).JPG


我がサイトは、キャンプ場に入ってくる道沿に。
あえて誰も張りたがらないスペース。

暗闇の中では「ポツン」という状況でしたが、
自分的にはゴミゴミしているより好み。


phoDSC06363 (1).JPG

この日は運転と設営の疲れもあり、
さっさと就寝です。

夏といえど、高原の夜はさすがに寒く、
厚手の長そで・長ズボンと
シュラフにインナーフリースで
快眠対応しました。



2日目につづく



Outside Base ブログトップ