So-net無料ブログ作成
検索選択

MSRのとどちゃん [キャンプ道具]

キャンプ道具の中で、
必需品の一つだと思うのが

「ウォータージャグ」


しかし、

比較的あまり語られることがない、
グッズではないかと・・・




以前、記事にしたことがあるのですが。。。

以前の記事はこちら


この度、ウォータージャグを新調したので
改めて記事としてアップしました。





キャンプを始めた当初、使用していたのが

ロゴスの「キャンプ用品 ジャグ タンク 」


phoDSC0414720(1).jpg


フニャフニャで、ジャグをひねるとひっくり返ってしまったり、
あらぬ方向に放水してしまったりであえなく処分。






次に導入したのが、人気者の

「ポリタンク」

phoDSC0489320(1)-2ccd3.jpg



これは今でも使っていますが、
どうも色気がなさすぎで。。。。。(笑)





サイトを少しでも明るくしょうと
ジャグで色気を出そうと手をだしたのが、


「iglooのウォータークーラー」(3ガロン/12リットル)

pho-1DSC05671.JPG



このiglooを導入したことで、
質実剛健な我が家のサイトが
かなりPOPになり喜んでおりました。


が。。。。キャンプ毎に積載に

四苦八苦(笑)




そんな中、雑誌「GOOUT」に目を通していたら

こんなものが。。。。


1336563869.jpg



MSRの

Dromedary Bags


その特徴は、

1000Dコーデュラナイロン製(2リットル・4リットルは500D)の丈夫な本体は、
ポリウレタンコーティング処理され、氷点から沸点までの温度に対応


だそうな。



一説には、水を入れたバッグを車でも踏みつけても
破れないとのこと。。。。



ま~我がキャンプではそこまでの強度は
必要ないんですが(笑)



それよりも、水を抜けばぺちゃんこになり積載に困らず、
見た目もスタイリッシュでカッコいい!!!




ならばと早速、わいるど1番なお店に行き購入し、
キャンプで使用してみました。


pho-1DSC05905.JPG



購入したのは10リットル用。

本当は6リットルが欲しかったのですが、
お店はもちろんのことamazonでも品切れ状態。
刹那的な(?)性格のため、
目の前にあった10リットルで妥協です。



さて、使用感ですが
iglooやポリタンクに比べれば当然フニャフニャなので
使い勝手は落ちますが、積載のメリットを考えればま~満足です。


キャンプ場で他の方が使っているのを
見たことがないというのも、
個性的でいいんじゃないですかね~。




pho-1DSC06038.JPG


欠点と言えば、吊るす方法と
MSRのサイトにも記載されていますが、
内部にポリウレタンコーティング処理が施されている為に、
水に若干臭いと味が残ることでしょうか。。。。


ちなみに吊るす方法ですが、
色々試してみた結果、カメラの三脚を使用。


臭いと味については、
我が家では生水を飲むことはなく、
必ず火を通すのでほとんど気になりませんでした。



※機能にはまったく関係なく、どうでもいい話ですが、
 水を入れた姿がなんとなく「トド」に似ているので、
 
 とどちゃん

 と勝手に自分は呼んでいます(笑)





三王山で父子キャンプ [三王山ふれあい公園]

レポが溜まっていますが。。。


まずは

11月5日から1泊で
2度目の「三王山ふれあい公園」に
キャンプに行ってきた備忘録です。


pho-1DSC06046.JPG



家人は「撮りためたドラマをゆっくり見たい」と
早々と自宅待機を宣言。

今回は久々に息子との「父子2人キャンプ」となりました。
記憶が定かじゃありませんが、約3年ぶりでしょうか。。。


午前中は外せない用事があり、
出撃は午後2時。



遅めの出発ですが、
自宅から三王山までは約20分で
到着なので慌てません。

pho-1DSC06033 (1).JPG



近い!!!


この日は天気も良く、キャンプ場は満サイトでした。


pho-1DSC06042.JPG

※写真では満サイトに見えませんが。。。(笑)





送り迎えしてくれる家人に
設営・撤去時のお手伝いをお願いして、


pho-1DSC06052.JPG



なんなく

リビシェルロングを立ち上げます。



処理済~pho-1DSC06036.jpg


しばしのんびりしたあとは


我々を残して家人は帰宅。。。。


処理済~pho-1DSC06045.jpg






設営が遅かったので日が暮れるのが
あっという間でした。


pho-1DSC06057.JPG


空気が澄んでいるので、
夕暮れがとてもきれいでした。


それとともに気温も一転、
冷え込んできます。




辺りが暗くなってきたので、

pho-1DSC06060.JPG


バルタン星人の前掛けをして(笑)
急いで「男の手料理」に取り掛かります。


と言っても、


鍋で煮るだけの「餃子ちゃんぽん」

pho-1DSC06061.JPG



炒めるだけの「冷凍チャーハン」

pho-1DSC06063.JPG


の二品のみ(笑)



正直、料理というものではありませんが、
息子と二人でキャンプ場で食べるご飯は


pho-1DSC06067.JPG



格別に旨い!!!


果たしてあと何年位、
こういう時間を一緒に過ごせるのか。。。。



さて、夕飯を食べた後は、
あーぼーがお待ちかねの「焚火タイム」。


pho-1DSC06069.JPG



家に積んであった20本程度の薪を

pho-1DSC06041.JPG


「今夜すべて燃やす」と意気込み、
どんどん焚火台に放り込んでいきます。





そして、楽しみにしていたウインナー焼き。

pho-1DSC06072.JPG


あまりの旨さに、
夕ごはんを食べたにもかかわらず、
二人で10本以上平らげてしまいました。



それにしても

すげ~暖かい!!!



やはりこの時期の焚火は最高で~す♪♪♪





暗闇に浮かぶオレンジの炎を見ながら
親子での会話。


学校は楽しいか?


将来は何になりたいの?


好きな女の子はいるの?


何気ない会話ですが普段仕事に追われ、
なかなかゆっくり話す機会がないので
とてもいい時間を過ごすことができました。



夜10時を超えたところで寝床へ。


息子はすやすやと眠っていましたが、
自分は寒さに耐えられず、
寝たり起きたりの繰り返し。。。。





pho-1DSC06080.JPG




翌朝は寒くて寝不足のまま、
午前6時前には起床。


pho-1DSC06077.JPG


pho-1DSC06078.JPG



この日は午後3時までサイトを押さえているので、
午前9時までに慌てて撤収しなければならない
恐怖心から逃れられます(笑)


それにしても午前9時までの撤収って。。。。

せめて10時にして欲しいですね(下野市さんお願いです!!!)




朝食後は家人が迎えに来るまで、

「どんぐり王子」と称される息子は
一生懸命どんぐりを並べたり(笑)

pho-1DSC06093.JPG




自分はカメラで遊んでみたり

pho-1DSC06089.JPG


して時間を過ごします。





そうこうしていると、
家人が昼食を手にキャンプ場に到着!!!


処理済~pho-1DSC06099.jpg


pho-1DSC06096.JPG


ゆっくりお昼ご飯を食べて、撤収へ。。。



と思ったら!?


なぜか我がサイトに「レクタM」が
置いてあるのを発見。。。(笑)

pho-1DSC06114.JPG



不思議なことがあるものです(爆)



続きはのちほど。。。。。








再び三王山キャンプ [三王山ふれあい公園]

本日、天気がいいので

三王山にキャンプへ。


IMG_20161105_152026.JPG

気持ちいいな~
やっぱり外は!

榛名湖再び [榛名湖オートキャンプ場]

10月の三連休は、昨年の8月以来の


pho-1DSC05896.JPG


「榛名湖オートキャンプ場」

へ行ってきました。




出発当日は小僧の通院があり、
正午に自宅を出発。




北関東自動車道から関越道を抜け
渋川伊香保I.Cで下車。


pho-11476358690806.JPG


「伊香保温泉」を通り、
頭文字(イニシャル)Dの聖地「秋名山」、
いや「榛名山」(笑)を目指します。

榛名山を上がっていく途中の
展望台からの景色。


pho-1DSC05888.JPG

pho-1DSC05894 (1).JPG

なかなかいいですね~!!






キャンプ場には午後3時前に到着。


pho-1DSC05895.JPG


2度目ということもあり受け付けも
サイトまでの道のりもスムーズ。



予約時には既に電源サイトは空きがなく、
今回も電源なしサイトを予約。

事前の天気予報だと「くもり╱雨」。

そして寒くなるということだったので、
結構キャンセルが出るのかと思いきや、
ほぼ満サイト状態でした。


pho-1DSC05904.JPG


さすが人気のキャンプ場です!!!




さて、
ダラダラしていたらあっという間に
暗闇に包まれてしまうので、
急いで設営に取り掛かります。


pho-1DSC05898.JPG



今回は昨年の11月以来となる
「ランドロック」を選択。


pho-1DSC05903.JPG



久々なので張り方を忘れ、悪戦苦闘。

家人と四苦八苦しながらも
意地の短時間設営に成功です!!!(笑)





本来ならばここで「呑み」に入るのですが、
帯状疱疹で一滴も飲めず(涙)


pho-1DSC05914.JPG


仕方がないので3日間、
ず~っと「オールフリー」で気分を
盛り上げていました。。。。





初日の夜は強風。

どこからか「ガシャン」と何かが
飛ばされる音が結構聞こえてきます。

気温もそれにともない下がって寒い。。。。


pho-1DSC06006.JPG



念の為、持参した「フジカちゃん」を点火。
持ってよかった~。


pho-1DSC05917.JPG

夕食後は家族で「UNO」をして
午後10時には寝ちゃいました。



pho-1DSC05906.JPG







翌朝は風から一転して「雨」。

pho-1DSC05936.JPG



6月からキャンプのたびに
雨に降られているような。。。。(泣)


pho-1DSC05941.JPG



予報では正午過ぎには
天気が回復するとのことなので
それまでテント内でコーヒーを飲んだり

pho-1DSC05942.JPG


本を読んだりしてのんびりと過ごします。




予報通り正午に雨が止んだところで、
今回の唯一のミッションであった
「水沢うどんを食す」ために外出します。



昨年は水沢うどんの元祖と呼ばれる
「田丸屋」さんを訪れましたが、
色々なブログを拝見したところ
「大澤屋」さんも外せないということで向かいます。




さて「大澤屋」さん。

pho-1DSC05952.JPG



激混みです(驚)


午後1時過ぎに行ったのですが
我が家の前に30組くらいの待ちが。。。。


処理済~pho-1DSC05958.jpg


「どのくらい待たなければいけないのか?」
と少々不安になりましたが
思ったより早くテーブルに案内してもらえたので
よかったです。




ほどなくして運ばれてきた「うどん」。
コシは思ったより強くないのですが、
みずみずしくツルりと喉を通ります。


pho-1DSC05968 (1).JPG


昆布と鰹の風味が効いているつゆは
単体では少々しょっぱいのですが、
うどんとの組み合わせは抜群!!!

なかなかの美味でした。

個人的には「大澤屋」さんのほうが
「田丸屋」さんより好きかもしれませんね。
※あくまでも私感ですが。。。


入口には「きんさん&ぎんさん」の手形が
飾ってあり、ちょっと微笑ましかったです。


pho-1DSC05969.JPG






空腹を満たした後は
渋川市街地にある「西友」に行き
夕飯の買い出し。


処理済~pho-1DSC05970.jpg




キャンプ場に戻るころには
すっかり夕時になっていました。


pho-1DSC05985.JPG


空を見上げると夕焼け。
久しぶりに目にしました。







しばし夕食までの時間、
小僧と場内を散策します。



電源サイトです。

pho-1DSC05975.JPG


見たところコールマンのテントが多いかな!?





ここはフリーサイト。

こちらはバラエティに富んだ幕が並んでします。


処理済~pho-1DSC05978.jpg


フリーといってもサイト脇の道路に
クルマを停められるので、利便性でいえば
オートサイトとあまり変わらない気がします。

次回来る時はリーズナブルで
スペースの制限もないので
こちらのサイトを利用しようかと。





最後は我々がいる電源なしサイト。


pho-1DSC05973.JPG


サイトの大きさに不満はないのですが、
サイトによってはクルマの出し入れが
少々厳しいのが難点ですね。



この日の夜は、買ってきた刺身でごはん。

冷え込んできたので、
前日に続き午後10時には就寝しました。



pho-1DSC06000.JPG





三日目の朝。

起きるて外に出ると
「快晴」で超~気持ちいい!!!


pho-1DSC06009 (1).JPG



やっぱ青空の下でのキャンプが最高です!!!



pho-1DSC06025.JPG



快晴といっても、早朝は冷え込みますので、
ストーブを焚いて小僧と暫しばし温まります。


pho-1DSC06018.JPG


気温が徐々に上がってきたところで、
気合を入れて撤収に取り掛かりますが、
幕は結露でびしょびしょ状態。。。。



pho-1DSC06026.JPG


サイトが木々に覆われていることもあり
日差しがそれほど差し込まないので、
乾燥は無理と判断して丸めて車に積み込み
午前11時にキャンプ場を出発。


pho-1DSC06031.JPG



最後は、近所の公園でランドロックを
乾燥して旅は終了しました。





あっという間の3日間。

pho-1DSC06029.JPG


出来れば快晴の中、
1週間くらい休みを取って
優雅にキャンプをしていたいものです~。





天気回復! [榛名湖オートキャンプ場]


昨夜は凄い風。

午前中は雨と散々でしたが

午後から天気回復!



IMG_20161009_165014.JPG



少々寒いですが、やっとゆっくり

時間が過ごせそうです。


設営完了 [榛名湖オートキャンプ場]

本日から2泊で榛名湖オートキャンプ場に。

設営終了し、これからのんびりです。

DSC_0487.jpg

東京 城南島でキャンプ [城南島海浜公園キャンプ場]


3か月以上前のことですが。。。。




東京でキャンプが出来るの~~???


という質問にお答えすべく(嘘ですWWW)




東京都大田区にある


城南島海浜公園キャンプ場


へ6月25日から1泊で行ってきました。



pho-1DSC05034.JPG



3~4年前にコールマンの展示会が
開催された時に、下見を兼ねて訪れたことがあり、
その時は「今度は泊まりで」と思いましたが
なかなか重い腰があがらず。。。。。



ある日、たかぷーさん&セニョちゃんが
「予約を入れた」と聞いて、
我が家も便乗することに(笑)




さて、このキャンプ場の最大の特徴は、
海の向こう岸が羽田空港であること。



pho-1DSC05079.JPG



言わずもがな、
着陸態勢に入った飛行機が羽田空港に向け
3~5分間隔で、
引っ切りなしに頭上を飛んでいきます。



pho-1DSC05049 (1).JPG


pho-1DSC05056.JPG


pho-1DSC05058.JPG




その際には爆音が響き、
会話の声は聞き取れないほど。



飛行機嫌いの方、または騒音に耐えられない方は
今にも逃げ出したくなるかもしれませんね。




さてサイトですが、
思ったより狭くもなく、
そして海風もなく「良好」。



処理済~pho-1DSC05038.jpg



この日は
たかぷーさん&セニョちゃん提供の
ヘキサPROをリビングとし、


pho-1DSC05039.JPG


我が家はアメドを設営するだけの


楽ちんキャンプ。。。。






一通り設営が終わったところで
呑んじゃいますが。。。。


目の前にドンと置かれているのは

「カイザードーム」1リットル缶ヾ(・ω・`;)ノ


pho-1DSC05041.JPG



これを専用ジョッキでまずは呑むのです!!!(爆)



乾杯!!!



pho-1DSC05045.JPG


1リットルのジョッキは
伊達に大きくありませんね(@O@;)

めちゃくちゃ重いです。。。。


グビグビと呑んでも呑んでも
なかなか減りません。。。。。

さらにグビグビと胃に流し込んでみるも
本当に減らない。。。。





何とか飲み干し、
今回のキャンプのテーマである
「居酒屋」スタイルへ突入。


このテーマを実施すべく前もって
中ジョッキが用意されています(笑)。


pho-1DSC05046.JPG



セニョちゃんが七輪で焼く焼き鳥を肴に、

pho-1DSC05116.JPG


生グレープフルーツサワーや


pho-1DSC05118.JPG


生レモンサワーを口に流し込んでいきます。

まさに居酒屋(笑)




午後4時頃にはすでにベロベロ状態。

千鳥足で場内散策に向かいました。


pho-1DSC05085.JPG


浜には結構な数の方が潮風と
飛行機の着陸を楽しんでいます。


pho-1DSC05077.JPG


pho-1DSC05083.JPG


飛行機はかなり低いところを飛んでいるので
結構な迫力!!!



pho-1DSC05103.JPG


場内には広々とした公園もあり、
都民の憩いの場となっているようです。





夜になると羽田空港の灯がとても
ロマンチックに見えます。



pho-1DSC05131 (1).JPG


もちろん光りを点灯しながら
飛んでくる飛行機もいい感じ。



いや~、こんな景色が見られるのも
このキャンプ場ならではですな!!!!

これを見るだけでも、
このキャンプ場に来る価値はあるかもしれませんね。



処理済~pho-1DSC05130.jpg






翌朝は早朝から「爆音」で起こされました(@O@;)
テントの中から飛行機が飛んでる様子が
が見えないので音だけ聞くと結構怖いですね。。。。



2日目もとても天気が良く、



とても

暑い~~


さっさと撤収して、しばし木陰でのんびりとします。


処理済~pho-1DSC05150.jpg


処理済~pho-1DSC05148.jpg



帰りは昔、東京に勤務していた時代に
よく通った葛西のラーメン屋「ちばき屋」さんへ。


想い出の味を堪能し帰路に着きました。



pho-1DSC05074.JPG


城南島、来年もまた行きたいな~。




雨のサンタヒルズ② [サンタヒルズ]

翌朝、当然ですが雨です(笑)


pho-1DSC05735.JPG


天気が悪いことを承知で
キャンプしているんですから
仕方がないですね。。。



地面がグシャグシャだったので


pho-1DSC05754.JPG




テーブルに夜の侵入者の足跡が
残っていました。



pho-1DSC05774.JPG



足跡を残すなんて、
この猫(?)はまだまだ
一流にはなれませんね(笑)









前日から降りっぱなしの雨で、
エッグもアメドもビショビショ。


pho-1DSC05773.JPG



pho-1DSC05778.JPG




改めて見てみると
アメドのフライは雨をまったく弾かず、


pho-1DSC05734.JPG



雨がフライを玉のように流れることなく、
ベトッとしたまま落ちていきます。


pho-1DSC05784.JPG



使い始めて丸五年。
さすがに結構、傷んできているようです。。。


ほとんど手入れもせずなので
止むを得ずなのですが、
ちょっと悲しな。






さて、この日は何の予定もなく、
朝からテント内で外の雨の様子を眺めるのみ。


pho-1DSC05741.JPG




森林サイトなので、
朝からランプを点けないと暗い状況です。





雨が止んでいれば場内を隈なく散策したり
したんですが。。。。



ってことで、暇なので昼食を兼ねて
クルマでさくら市街地へ行き、
ハードオフに立ち寄り何かないかと探索。

モンベルのムーンライトが中古であり、
一瞬食指が動きましたがぐっと堪えて
サイトに戻りました(笑)





夕方になり辺りは真っ暗に。


pho-1DSC05772.JPG




寝るまで、
家族でまったりしながら
談笑して一日を終えました。







翌日も小雨。


昨年の榛名湖キャンプ以来の
3日間雨降り滞在。



pho-1DSC05796.JPG


雨や湿気で濡れた道具を
放り込むように車に載せて
撤収を完了させ、
キャンプ場をあとにしました。



処理済~pho-1DSC05797.jpg




さてサンタヒルズですが、
雨と混雑でいまひとつ特徴が掴めず。。。。


どちらかと言えば、
テント泊よりもコテージに
泊まった方が良さが分かるのかもしれませんね。


今度来る時は、
閑散期かコテージ泊かなぁ。


pho-1DSC05802.JPG







雨のサンタヒルズ① [サンタヒルズ]

9月17日からの3連休、
キャンプに行ってきました~。



雨、雨、大雨(泣)



見事なくらい雨に祟られた3日間。



泥と雨でぐちゃぐちゃになったテントは
未だにクルマのルーフボックスに放り投げられたまま。。。。


天気が悪い日が続く中、
いつ乾燥させようかと悩んでおります(笑)






さて、キャンプの話です。



訪れたのは那珂川町にある




サンタヒルズ



pho-1DSC05806.JPG



実はこのキャンプ場、
4年前のGWに予約を取っていたにも関わらず、
出発当日の朝、今まさに出ようというタイミングで
キャンプ場から電話があり、
「大雨の影響でサイトの状況が悪い」
と逆キャンセルとなってしまったことがありました。



今回はその時のリベンジです。






自宅から約1時間程度で到着。




悪天候に備えさっさと設営します。


リビングには約半年振りに「リビングメッシュエッグ」を、
寝床はいつものアメドをチョイス。


pho-1DSC05683.JPG



pho-1DSC05676 (1).JPG





そして設営後は、場内の散策へ。



場内を改めて見てみると、満サイト状態。
首都圏ナンバーの車が多かったですね。

3連休ということあるかもしれませんが、
このキャンプ場は人気があるんですね~。




さてさて、我がサイトの頭上を見上げると
木の上の方に「コテージ」が。。。。


pho-1DSC05678.JPG


よくぞこんなところに建てたもんですな~。





こちらは「広々サイト」。


pho-1DSC05696.JPG


木が少ない分、
林間サイトよりは広い感じでしょうか。

こっちにすれば良かったかな~とちょっと後悔。。。




さて、センターハウスに行ってみます。


中には受付、

pho-1DSC05705.JPG


キャンパーズサロンや
世界中から集められたという
サンタクロースグッズの展示・販売コーナー


pho-1DSC05710.JPG


がありました。






隣接する建物は
「ギャラリーカフェ・雑貨ショップ」。


pho-1DSC05702.JPG


中を見ていないのでなんとも言えませんが、
おしゃれな雰囲気でしたね!




センターハウスの横には
バスを改良したという
噂の貸し切り風呂が置いてありました。



pho-1DSC05715.JPG



外装が60年代のサイケデリック風なのが
おじさんの心を掴みます(笑)





こちらは林間サイトの方にある
トイレ&炊事場。


pho-1DSC05687.JPG



中はきれいに保たれておりました。


pho-1DSC05688.JPG


そして水場はお湯が出るのがGOODです!!!





そしてキャビンが連なっています。


pho-1DSC05690.JPG

見たところキャビン・コテージは
全て埋まっているようでした。






ほぼ一周したところでサイトに戻ります。



夜は、我が家で初めて食す「チーズフォンデュ」。


pho-1DSC05724.JPG



家人はどこかで口にしたことがあるようですが、
自分は人生で初。




どろどろのチーズに
ウインナーやら野菜やらを付けて食べます。
美味いと言えば美味いし、
あえてチーズじゃなきゃいけないという
感じでもないような。。。。(笑)


どうせならワインでも持参すればよかった、
と後悔しましたが後の祭りでしたね。


途中、チーズが冷めて固まり始めたので
強引にウルトラバナーで炙ったら
あっという間に焦げて少々あせりました。。。。(笑)





午後8時頃になると
子どもたちの合唱やギターの音、
笑い声など色々な音が木々の間に
響き渡ります。



pho-1DSC05722.JPG


そんな中で、小僧が楽しみにしていた焚火を準備。


takibi.jpg


薪に火を付け「さ~これから」という時に


雨、雨、雨。。。


小雨が大雨になり、焚火は中止に。。。。


pho-1DSC05731.JPG



やることもなく、寒くなってきたので
さっさと寝床に入って1日目は終了しました。












Snow Peak Way mini おじか [ワイルドフィールズおじか]

先週末は

スノーピークストア
WILD-1小山店・印西ビックホップ店主催の 

みんなでサマーキャンプ!
Snow Peak Way mini
「ワイルドフィールズおじか」

に参加してきました。


WILD-1の聖地
「ワイルドフィールズおじか」は、
栃木県と福島県の県境にある
自然あふれるキャンプ場。



pho-1EPSN5918 (1).JPG



「いいよ~」という噂を以前から聞いていて、
気になっていましたが今回、
思わぬ形で訪れることが出来ました。






噂に違わぬ自然満開の
素晴らしいキャンプ場です。


pho-1EPSN5877.JPG



サイト内へは車の乗り入れは禁止。


pho-1EPSN5914.JPG



管理棟前にある駐車場から
リアカーで荷物を運ばなければいけません。




清々しい天気の日なら
苦にならないかもしれませんが、
雨天や猛暑だと
中年おやじにはちっときついかも。。。。





この日は朝9時から入場できるということで、
我が家がお昼に到着した時には、
既にみなさん設営が終わっている状況でした。



pho-1EPSN5880.JPG




前日からINしていた
ズッキーハヅさん夫婦と
たかぷー&セニョちゃんがいる
二連結「カヤード」を発見し合流。


pho-1EPSN5881.JPG




昼飯をチャチャと済まして
13時からの開会式に出席です。



処理済~pho-1EPSN5886.jpg




その後、14時半からの運動会の前にアメドを設営。
その間に我が家の「カヤード」を
ズッキーさん&セニョちゃんに設営してもらい




夢の

カヤード三連結(笑)


pho-1EPSN5961.JPG


pho-1EPSN5925.JPG



キャンプ場で「カヤード」を
目にすることはほぼない中で、
三連結を見た人は全国でもほとんどいないのでは(爆)



だからどうした!?


と言われればそれまでですが、

ま~、そこは


お祭りってことで。。。。。





pho-1EPSN5905 (1).JPG







運動会ではスノピ製品を使った難技を
チーム単位でクリアしていきます。


処理済~pho-1EPSN5892.jpg


競技前は皆意気込みながらも、戸惑いで笑顔!!!



処理済~pho-1EPSN5896.jpg

※ライトに電池を入れて点灯させる競技に参加。分からん。。。(笑)




優勝すれば豪華(?)SP商品が貰える
ことになっていますが、
我がチームは至らず、残念。。。。








その後は、SPスタッフさんから提供の
「いか焼き」を食したり、


pho-1EPSN5944.JPG


小僧はスイカ割に挑戦したり



処理済~pho-1EPSN5942 (1).jpg




15メートルに迫る大きさの「蚊帳」の中で
夜の焚火タイムまで7人でまったりとしたり。


pho-1EPSN5972 (1).JPG



お酒が進みます。。。。


pho-11473673407384.JPG



ビール、ワイン、ゆず酒などなど。

食べ物も魚から肉、野菜からクラッカーまで
「もう食べられません」というほどたんまりと。。。



pho-1EPSN5968 (1).JPG




さて、夜の焚火タイムがスタート。

22組の参加者が焚火台を囲むように集います。

まずはそれぞれ自己紹介。


pho-1EPSN5980 (1).JPG


キャンプ歴1年から数十年のベテランまで
色々なキャンパーがいらっしゃいますが、
ここでの共通言語は言わずもがな
「どのくらいスノーピーカー」なのか(笑)


というのは冗談ですが、


皆さん個性あふれる幕の張り方をされていたのと、
カタログでしか見たことがないような商品を
目にすることが出来て、物欲の参考になりました(笑)



pho-1EPSN5924.JPG


pho-1EPSN5922 (1).JPG


自己紹介終了後は、フリートーク。



テーブルには皆が持ち寄った一品料理が並び、
特に子どもたちに好評を博していたようです。



pho-1EPSN5981.JPG





夜の闇も深くなり、
すべての薪が燃え尽きてこの日は終了。


結構呑んだくれていたので、
夜中に子どもがトイレに
行ったことなど知らずに爆睡しました。








翌朝は曇予報でしたが
なんとか天気がもちました。


寝すぎてしまい、起床は7時過ぎ。



pho-1EPSN5988.JPG



ぼーっとしながら朝食を食べ、
10時の閉会式までに、
撤収をある程度進めちゃいます。



この頃になると気温が上昇。
汗だくになりながらサイトと駐車場の間を
リヤカーで往復します。


pho-1EPSN5916 (1).JPG



カヤード三連結を残し、
撤収はほぼ完了。



閉会式の時間になり、


処理済~pho-1EPSN5993.jpg


最後に「カヤード」の前で全員、
そして個別に記念写真を撮って
フィナーレを迎えました。



処理済~pho-1EPSN5997.jpg




自然に囲まれ、
呑んで、笑って、話して、遊んでの楽しい2日間。





こんな場を提供いただいた
スノーピーク小山店の植竹店長、
そして印西ビッグホップ店の渋谷店長



ありがとう!!!




そしてズッキー家、セニョちゃん&たかぷーさん、
参加していたキャンパーの皆さんに


感謝です◝(^O^)◟






「ワイルドフィールズおじか」を後にして
3組で向かったのは、
B級グルメ「スープ入りやきそば」
として名高い「食堂 釡彦」(塩原市)。




50年以上に渡り地元で愛されている一品として
昔から話は聞いていましたが、食べるのは初めて。



処理済~pho-11473673324860.jpg



30分以上並んで、
やっと入店することが出来ました。




それでも自分たちの後に20組程度
待っていたのは驚きました。



自分は「ソースかつ丼」を、
家人は「スープ入りやきそば」を注文。



ほどなくして
「ソースかつ丼」が運ばれてきました。
※左にあるのは小僧のソース味チャーハン


pho-11473673271437.JPG



はっきり言って


激ウマです!!!!


まじで、美味い!旨い!





味が濃厚な「ソースかつ丼」を食べた後に
「スープ入りやきそば」を口にしたからか
どうも味がピンとこず。。。。



pho-11473673313578.JPG


薄いソース味???





次回は来たときは、
「スープ入りやきそば」を食べた後に
「ソースかつ丼」だなぁ(笑)










スノーピークWAYmini に参加してきました [ワイルドフィールズおじか]

先週末は、

ワイルドフィールズ おじか

で開催された

「みんなでサマーキャンプ!スノーピークWAYmini 」

に参加してきました。





pho-1EPSN5922 (1).JPG





展示会のような多種多様な幕が張ってある中、



夢の「蚊帳」三連結や



pho-1EPSN5961.JPG




笑いと涙(?)ありの焚火トークなど


pho-1EPSN5980 (1).JPG


楽しいひと時を過ごすことが出来ました。



スノーピークのスタッフの方々、

そしてズッキーさん夫婦、セニョちゃん&たかぷーさんを

はじめとした参加者の皆さん。

大変お世話になりました!!!



詳細レポはのちほどです!!!




三王山ふれあい公園キャンプ場 [三王山ふれあい公園]

今年7月21日にオープンしたばかりの
「三王山ふれあい公園キャンプ場」(下野市)。



このキャンプ場は、
我が家から約20分の位置にあり、
ホームである「出会いの森」よりも近いことから
使い勝手次第では今後訪れる回数が増えるかも。。。




ということで視察と、
ある作戦(?)を遂行すべく
8月27日から一泊で行ってきました~。




キャンプ場に向かう前に、
とある荷物を受け取りに、
朝一で「ワイルド一番」に立ち寄り。

pho-11472622221010.JPG


この荷物が今回の作戦に必要なブツ。


ブツを持って急ぎ雨の中、三王山に向かいます。



pho-1DSC05570.JPG





さて「三王山キャンプ場」の紹介です。


・キャンピングカーやバンが利用できる「バンコンサイト」(4か所)

pho-1DSC05636.JPG


・「オートキャンプサイト」 (14か所 内4か所はドックサイト)


pho-1DSC05629.JPG


・ドックラン「3か所」
で構成されています。

ドックランを除く各サイトは電源付き。


料金形態は
①10時~15時 1,080円(1区画)
②16時~22時   1,080円(1区画)
③22時~翌日9時 1,080円(1区画)
となっており、①②③を組み合わせれば
10時から翌日9時までいて3,240円。


さらに①を追加すれば、4,320円で
10時から翌日15時まで滞在することが出来るので
かなりリーズナブルな気がします。

あえて言えば③がせめて「翌日10時」までになれば
最高なんですがね。。。。



こちらは管理棟。


pho-1DSC05634.JPG


こちらがトイレ。
できたばかりということもありとても綺麗です!

pho-1DSC05585.JPG



こちらが水場。
綺麗なのは当然ですが、できればお湯が出てほしかった。。。

pho-1DSC05575.JPG





公園はまだまだ整備中ということで、
サイトからの眺めは決して
褒められたものではありません。

pho-1DSC05604.JPG



が、今後整備によって
景観のよい公園になることを期待しましょう!






ではキャンプの話です。



この日ご一緒したのは
ズッキーさん、
セニョちゃん&たかぷ~さんコンビ。



それぞれ例のブツを持参しております(笑)




台風10号が本州に近づく中、
レクタとアメドを我が家は設営。


1.jpg


皆さん設営が終われば、


pho-1DSC05639 (1).JPG


いつものように

呑んじゃいます!!!


pho-1DSC05608.JPG



キャンプに行く直前に、
会社の先輩にもらった枝豆を肴に

pho-1DSC05590.JPG

pho-1DSC05591.JPG



呑んじゃいます!!!





夜になると近くの市町で
行われていた花火が見えました!!!


pho-1DSC05619.JPG



雨は降ったり止んだり。。。。

そんな中、ひたすら呑み続けました(笑)






翌日。
曇りでいつ雨が降ってもおかしくないような
怪しい天気でしたが、気温は上昇する一方。


pho-1DSC05640.JPG




雨なら例のブツを使った作戦は中止に。

しかしこれが目的のキャンプです。


天気の頃合いを見て「イケる!」と判断し、
速やかに作戦を実行することに。


作戦の前に各自が持ち寄った
ブツを意味もなく積み上げます(笑)


2.jpg


その姿を真剣に眺める皆さんの顔は

なぜか

ニンマリ(笑)



かなりご満悦の様子ですWWWW






いよいよ作戦実行!!!



4.jpg



おー!!!ワンダフ~~~



画像には(ばれる程度の)モザイクがかかっていますが、
その正体は次回のキャンプでお披露目となるようです!!!






我々がキャンプ場で作戦を実行していると
噂(?)を聞いて駆けつけてくださった


6.jpg


ぞのさんファミ、みよさん&てっつぁんファミ

今度は泊りでぜひご一緒しましょう!!!